園長職の保育士求人探し

img-1

園長職は、園に一人しかいないので見つけにくいです。

もし保育士求人として探すのであれば、9月〜11月が狙い目です。この時期にはオープニング園の開園準備が進むので、園長職の保育士求人の割合が増えます。

開園準備をしている法人が新規の園長職の求人募集を始めるので、探してみるといいでしょう。
法人によっては主任保育士をそのまま引き上げることもありますが、既存の人員配置だけで手一杯だったり、新しい風を吹かせたいという理由があれば、新規で雇うこともあります。

保育士の求人情報探しで悩んだ時に見てほしいサイトです。

園長がいないと開園準備が進められないので、売り手市場の時期です。

最近では待機児童解消のために6月〜9月にオープニングするケースもあります。


なので、9月〜11月の秋頃だけではなく、比較的見つけやすくなっています。

それでも割合的に見れば4月の新年度オープンの園が多いので、秋から探したほうがいいです。
しかし、インターネットだけで求人を探してもなかなか見つけられないことが多いです。
園長の求人は一般公開されないケースが多いからです。オープニング園だと開園すること自体を事前まで公に公表しないこともあります。

産経ニュースに関する情報です。

なので、各法人では園長希望者だけに情報公開できるように、紹介会社や転職サイトに仲介依頼します。



もし探したいのであれば、保育士専門の紹介会社に登録して相談するのが一番確実です。

経験豊富なコンサルタントが相談にのってくれるので、園長職未経験者でも安心して準備を進められます。

関連リンク

img-2
病児保育の保育士求人

子どもが病気になってしまうと、普通の保育園に預けられなくなります。親が共働きでどちらも子どもの世話をできないとなると、子どもをどうすればいいのか困ってしまいます。...

more
img-2
働きやすい環境の保育士の求人の探し方

保育士になりたくて就職したものの、途中で続けるのが辛くなってしまう原因として、人間関係の難しさを挙げる人が多いです。例えば、園長先生や主任などと保育の考え方が合わない、先輩からのいじめ、悩みがあっても誰にも相談出来ない職場環境、自分にばかり仕事が来て処理しきれないような仕組みなどです。...

more
top